外国債券おすすめの選び方

外国債券おすすめの選び方 「サムネイル」

日本株、外国株、債券、投信様々な種類があり、リスクを分散させるためにも投資をする上で、ポートフォリオを考える必要があります。

外国債券をおすすめする理由

その中も外国債券は外せません。 年金基金(GPIF)も以前は国内債券での運用に頼り切っていたが、現在は積極的な運用をしており国内債券、国内株式に続いて外国債券も15%保有しています。

外国債券の魅力3つのポイント 政策金利が日本に比べて高い国が多い 為替での利益も期待できる。 国によっては税金が控除される。

外債で人気のある国の政策金利

日本の政策金利は0.1%です。 アメリカ→1% オーストラリア→1.5% ブラジル→12.5% トルコ→8% インドネシア→4.75% (2017年4月時点 各国の政策金利) 日本の政策金利は0.1%であるので、アメリカの1%ですらかなり高金利に感じてしまいます。

もちろんこの政策金はそれぞれの国のリスクの大きさを示す指標にもなっています。

一般投資家向けに販売されている外国債券はこの政策金利に近いものかそれ以上のものが多いので、この政策金利は買う前に目安として見てほしい。

為替での利益も期待できる

為替リスクに関しては、利益か損失かで考えると利益になることの方が多いと考えられます。もちろん買ってすぐに急落することもありますが、外貨MMFで外貨のまま寝かせて置けば、どこかでまた戻してくるでしょう。

為替リスクは高金利でカバーできるという考え方も出来ます。

政策金利が高ければ、必然的に為替のボラティリティが大きい事が多いので為替の値動きにハラハラしてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、反対にその分安心して保有出来ます。

また円高になったとき外貨はねらい目ですね。

円高になると日本株も停滞するので、投資先に困ったとき外債は買い時かもしれません。

国によっては税金が控除される

国内では投資で得た利益に対して20.315%所得税がかかってしまい、外債も同様ですが、ある一部の国債の場合では税金が控除されます。 「みなし税額控除」というもので、みなし外国税額控除は所得の源泉国である外国において、租税上の特別措置により軽減免除された税額を支払ったとみなして自国での税額控除を認める制度です。

対象国はブラジル、中国などがあるようです。しかし、これらは国債にしか適用されず、また販売している証券会社によっては、単元の大きい国債を細かく切り売りしているところもありそういう商品に対しては、税額控除が適用されないなどがありますので、きちんと確認してくださいね

外国債券,おすすめ