株式投資と投資信託の違いをわかりやすく解説します

株式投資と投資信託の違いをわかりやすく解説します「サムネイル」

投資信託とは、簡単に説明すると投資家から集めたお金を運用の専門家が株式・債券・不動産などに投資して運用する金融商品のひとつです。

別名ファンドとも呼ばれ、専門家の運用成果がそこに投資した額に応じて投資家に分配される仕組みになっています。

株式投資と投資信託の違い

株式投資はある程度の資金が必要ですが、投資信託の場合は少額からはじめることができます。

また投資信託の良いところは資産運用の基本の考え、分散投資ができる点です。

投資のプロが色々な会社や債券、不動産をパッケージした物を金融商品として売る為、資産運用のリスクヘッジが可能になります。

投資信託の魅力

投資ファンドは証券会社により何種類もの金融商品ファンドがあり、海外株、国債、不動産といった様々な商品が買えるというのが投資信託の最大の魅力です

投資ファンドは基本的には長期的な資産運用です。確かに月々配当金が支払われるものもありますが、短期的な投資で考えている方には不向きな金融商品と言ってよいでしょう。

高配当というだけで選ぶのは危険

月々の配当金を見て高配当だから、と言う理由だけで商品を選ぶのは危険です。そういった高配当な商品の中には顧客からあつめたお金を配当金に回している詐欺に違い商品も多く存在しているからです。

資産運用のプロが選んだと言っても、そこにはリスクがあると言うことは頭にいれ慎重に投資先のファンドを選ぶ事をお勧めします

投資ファンドとは?

投資ファンドとは資産運用会社の事を指す場合もありますし、投資信託の事を指す場合もあります。
法律上では投資信託と資産運用会社は、別の法体系のもと認可や届け出をだし成立しています。

ファンドという言葉は広い意味で使われていますので、言葉の上では、投資信託も資産運用会社も同じようにファンドと呼ばれることに注意しましょう

ヘッジファンドについて

大手ではない、投資運用会社をヘッジファンドと呼びます。

ヘッジファンドは、顧客から集めた資金を独自のノウハウで運用し、利益を追求する事業法人です。中にはやたらと高金利を謳う詐偽紛いのヘッジファンドもありますので注意が必要です。

株式投資,投資信託,違い