公募増資(PO)の株は本当に買うべきか

日本の株式市場は頻繁に新規上場、株式分割、自社株買い、株式消却など行われていますが、その中でも今回は「公募増資の株」がテーマです。

公募増資も新規上場株と同様に、抽選により当選した投資家のみ買付することが出来ますが、買付手数料が無料だったり、その時の株価から数%ディスカウントした価格で買い付けることが出来、ものによっては大変魅力的に見えます。

しかし、新規上場株と違い当選しやすいのは、やはりIPOと比較すると値上がりの期待が弱いこともあり、人気の無いモノでは応募数が割れ、営業マンから「なんとか買い付けてくれ」と泣きつかれた投資家もいる事でしょう。

公募増資株は本当に買っていいの?

公募増資(PO)とは 企業が様々な理由で株式による資金の調達をしたい時に、その企業の株式を新しく発行し、その増やした株式を保有してもらう株主を一般投資家から公募すること。

それと同時に、株主層の拡大や株式の流通量の増やすというメリットもあります。

公募増資の際の価格は通常、時価に近い多少割安な水準に決められて、既存株主の利益を損なわないように配慮されています。

第三者割当増資とは

近いもので第三者割当増資があります。特定の第三者に新株や会社が処分する自己株式を引き受ける権利を与えて増資を行う方法で、業務提携先や取引先、取引金融機関など縁故者の場合が多いことから縁故募集とも言います。

この方法は、会社の株主資本を充実させ、財務内容を健全化させることから、業務・資本提携や支援、再建のための資金調達方法として行われることが多いようです。

また、ライバル企業からの買収を避ける意味もあるみたいですね。

IPOとPOは違う

公募増資、実際のところは...? IPOとPOで一見似たようなものに感じますが、発行済み株数が増えると言うのは、1株当たりの価値が希薄化しますので、株数が増えることは投資家からするとマイナス要因ではあります。

この増資のニュースが出た途端に株価は下落することが多いです。

公募増資はIPOと同じ方法で抽選方式になります。あたかもIPOと同じように価値があるように見せかけ、抽選への応募を促し、証券マンは必死にお客さんにさばきます。 しかし、そこで鵜呑みにしてすぐに申し込んではいけません。

まずは、資金調達の目的を目論見書でチェックしましょう 企業は理由があって公募増資をします。

前向きな理由で見ると、事業拡大があります。しかし、気を付けなくてはいけないのは、負債の返済の為のような後ろ向きのものは要注意です。

抽選の時点から公募割れする可能性もありますし、価格が決まってからディスカウントされた値段よりも下がることも多いです。 よっぽど、前向きな理由で期待できる銘柄以外はまず手を出さないことをお勧めします