上がる銘柄の見つけ方<デイトレード編>

日本株で儲けたい!様々な夢を持って投資を始める方たくさんいらっしゃいます。

どうやったら株価が上昇する銘柄を買えるのでしょうか。

いわゆるデイトレードで数時間~数日間で動かして行きたい方。 毎日少しずつでも利益がとれたら嬉しいですよね。

1時間で売買するか1か月保有するか、同じ利益が出るのであればもちろん1時間で利益が取れたほうが効率的です。

デイトレードをする際の3つのポイント

損切りのルールを決めよう

短期売買は投機であり長いスパンで売買するよりもリスクはあります。 そこでポイントは「ダメならすぐに投げる」のが重要です。

1度下がると損を出したくない為にもたもたし、あれよあれよと下がっていき、売るに売れなくなってしまいます。

何%下がったら損切りなど、ルールを決めましょう。

デイトレードであれば10%くらいでやっている方が多いと思います。土壇場で「やっぱり売りたくない!」とならない為にも、買いを入れる時に、指値で売りだしておくのも手ですよ。

寄り前が大事!

さてデイトレードでの銘柄選びですが、勢いがある銘柄を選びましょう。

前場は9時からですが、それよりも前から、銘柄ごとに売り買いの板が見る事が出来ます。 そこで今売り気配なのか買い気配なのか、寄り付きでどんな動きをしそうなのか読み取りましょう。

前日によく動いた銘柄、売買高ランキングなどで上位の銘柄などの板を見てみると売買注文が良く入って、盛り上がっているかどうか見てみましょう。

過疎化している銘柄は動かない可能性が高いので気を付けましょう。 サイトによっては気配の順位が見れるものもあります。

気になった銘柄は登録して、寄り付き前までに気配をチェックしておきましょう。

波を読み取ろう

短期筋の銘柄にもブームがあります。 マザーズの小型株などは1度ブームに火が付くと、数日間ストップ高したり、「なぜこの株が?」というくらい上がったりします。

しかし、大抵そういった銘柄は小さなプラス要因をきっかけに爆発的に上昇し、結果として上がった要因はただの後付けであり、ブームが去ると「なんだったんだろう」と言うくらい動かなくなり、その後急激に値下がりします。

又、銘柄ごとにブームがあるように、業界ごとにもブームがあります。

例えば、バイオ関連株で1つ「新薬を開発しました」などのプラス要因が出て、その銘柄がストップ高したとします。

そうすると、関係のない別のバイオ銘柄が一緒に上昇したりします。なんの関連が無くても、同じ業界だからという事で上昇します。銘柄選びを習得して、短期で利益とれるように、また時には損切りし、いい意味で淡々と売買できるといいですね。