我々が歴史から学ぶべきなのは、人々が歴史から学ばないという事実だ

我々が歴史から学ぶべきなのは、人々が歴史から学ばないという事実だ「サムネイル」

アメリカのネブラスカ州オマハ出身の世界的著名投資家ウォーレンバフェットの名言です。

バフェットはバークシャー・ハサウェイという世界最大級の投資会社のトップにして株式投資で屈指の成果を挙げ、アメリカの長者番付で毎年ベスト10に入り続ける「オマハの賢人」との別名を持つ伝説的投資家です。

「我々が歴史から学ぶべきなのは、人々が歴史から学ばないという事実だ」の意味する事

投資において、過去何度も価格の急騰と暴落を繰り返しているといういくつもの場面・歴史を誰もが知っているにも関わらず、どの時代でもトレーダー達は都度多くの資産を失うという愚行を繰り返し続けてきました。

無論、一部の投資家は資産を築くことに成功していますが、その成功者達でさえも、暴落に飲み込まれ転落を余儀なくされた人たちが後を絶たないことは歴史が証明しています。

とかく、短期的に資産を殖やしたいと一攫千金を狙う人たちが次々に現れる中、長期期間に渡って財を成したウォーレン・バフェットが言いたいことは「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」というオットー・フォン・ビスマルクの有名な言と通じる所があります。

財を減らし続けていくトレーダーとは頭では過去の手痛い記憶を覚えていて分かっていても目の前の欲望に打ち勝つ事ができず、同じ過ちを繰り返し続け、最後には市場から退場していきます。

逆に自分自身をコントロールし、冷静に目の前の情勢を把握し、資金管理を徹底し、好機到来を根気よく待ち続けることができる者だけが厳しい投資という世界の中で長期に渡って資産を殖やし続ける事が出来るのだということを端的に表現した名言です。

ウォーレンバフェット名言,我々が歴史から学ぶべきなのは、人々が歴史から学ばないという事実だ