ポジショントレード(長期)を併用して安定した収入を目指す

ポジショントレード(長期)を併用して安定した収入を目指す「サムネイル」

スウィングトレードで実践を積んで、取引回数に儲けが比例してきたら、その儲けを今度はポジショントレードで運用して安定して収入を確保するようにしましょう。

こちらは、一旦買って保有したら、日々の株価の上げ下げに一喜一憂せずに、とにかく持ち続けるのがその特徴で数年後に数十%から数倍の株価上昇からなる売買益を狙います。

ポジショントレードとは?

ポジショントレードとは 3か月以上から数年に渡って長期で、ある銘柄の株を保有することです。

株価の上昇による売買益も追い求めますが、同時に株主優待、配当金も定期的に頂こうという安定投資です。

自分のケースでは前にも言いましたが、地元のホームセンターとゼビオスポーツと青山商事株を保有して、数年ですが、数年で数回、売って、又、買って、を繰り返して保有しています。

ポジショントレードに適した銘柄

一番良いのは身近な会社の株を持つことです、といろんな株取引の指南書に書かれています。

それはその通りなのですが、もう1つ、重要なのが、上場間もない新興企業に投資することもご一考下さい。

少し博打的な意味合いも含んでしまいますが、新興企業と言っても財務的にしっかりした(外部から一時的に出資を受けたとかのケースは要注意です)会社も有りますし、社長の人柄、志などを出来るだけ収集して、大事なお金でその会社の株を長期で保有し、会社が成長するのを数年かけて見守るというのも「有り」かな、と思っています。

オーソドックスのケースでは、身近な会社の株を保有する、と前に述べましたが、自分の生活スタイルに合った会社の株主になって株主優待、配当金を貰い、儲けを頂きますので、当然、株主優待を重視して割の良い商品を提供してくれている会社か、配当利回りが高い会社か(出来れば3%以上)、資産価値が高い会社、借金が少ない会社(自己資本率)で、かつ成長が期待出来る会社という高い要求が求められます。

要求が高いですが、日本には多くの会社が合致します。日本の会社は投資対象で見ると優秀な会社が多いからです。

ポジショントレードで一考に値するREIT株

ヤフーファイナンス画面の上部メニュにREITと有ると思います。

これをクリックすると、左の画面に「利回り・NAV・決算銘柄」と有ると思います。

その銘柄の利回りを確認すると8%を超えているのが分かっていただけると思います。

REIT(リート)とは、投資者から集めた資金で不動産への投資を行い、そこから得られる賃貸料収入や不動産の売買益を原資として投資者に配当する商品で、一般的に「不動産投資信託」とよばれています。

大金の投資資金が要りますが、もし、スウィングトレードに成功した、余裕資金が出来た、というのであれば、REIT銘柄を1つでも所有して、その配当金を定期的に頂くと言うのも良いかと思います。 勿論、安く買って高く売る売買益も狙えますので、安く買えるチャンスが来たらREIT株を投資対象に加える事を考慮するべきかと思います。

次の10万円から始める株式投資は「その7優待で配当を楽しむ」です

ポジショントレード