株式投資のチャートオシレーターとは

株式投資のチャートオシレーターとは「サムネイル」

オシレーターとは、株が買われすぎているか、売られすぎているかを示す、テクニカル指票です。

オシレーター系の指票はいくつもありますが 代表的なものに、RSIやストキャスティクスなどがあります。

RSIとストキャスティクスを覚えよう!

今回はオシレーターについて解説しますが株式投資の売買判断として、オシレーターだけを見て、投資を行うのは危険ですので必ず、トレンドを見る移動平均線やMACDなどと合わせて投資を行ってください。(トレンドについてはエクサルタンというサイトの「株のトレンドを分析して勝つ方法」という記事が参考になりますので興味がある方は読んで見てください)

現在はオシレーター系とトレンドを合わせた新しいテクニカル分析もありますが、とても複雑なので理解すには基本的な部分をしっかり理解する必要があります。

RSIとは

初心者でもわかりやすく、簡単な指標です。

50%を規準値として、70~80%なら買われすぎ、逆に20~30%なら売られ過ぎと判断されます。

RS Iは、株価がボックス相場の場合はひとつの目安になりますが、強いトレンドの時にRS I が100%の場合だからと売りから入っても抜ける、株価が上がることがあります。

100%からRS I は出ることがないので強いトレンドでは100%を指し続けるデメリットがありますから、トレンド系のテクニカル分析も必要になります。

上がっている時に売る、下がっている時に買うという株式投資の売買のやり方は、逆張りと呼ばれています。

反対に価格の上がっているものを買う、価格の下がっているものを売るという売買のやり方は、順張と呼ばれていますがRS I とストキャスティクスはこの順張り系のテクニカル分析です。

ストキャスティクスとは?

売られすぎ、買われすぎを示す指標です。

これも RSI と同じで100%に近ずくと、買われすぎ、0%に近ずくと売られすぎをあらわします。

RSIは縦軸に対して、ストキャスティクスは移動平均線のような波線です。

RSIとの簡単な違いとしては、一般的に、RSIは14日の期間を使っていますが、ストキャスティクスは9日の期間を使っているために短いので買われすぎ、売られすぎの数値に差がでます。

と言うことは、RSIとストキャスティクスが同じサインならば、勝つ確率が上がるということです。

株式投資ではテクニカル分析をするには、ひとつのチャートよりはトレンド系とオシレーター系を合わせて使った方が良いのですが、初心者の方が多くのチャート画面を出して取引するのは、考えがブレてしまうのであまりオススメできません。

株式投資は心理線ですが、思考に左右されないようにするために使うのがテクニカル分析だからです。

先程説明したとおり、手法として、順張りと逆張りという買い方があります。

信用取引などの売りから入る場合やボックス相場ではオシレーター系が強い様です。 私はストキャスティクスが逆張り対して、MACDが順張りなので、このふたつだけで取引していた時があります。

チャートオシレーター